BMW 5シリーズ F10 エンジン不調 点検 整備

2020/05/15 ブログ

本日もお疲れ様です!groom西山です。

今日の長野は、蒸し暑い一日でした。

 

今回は、BMW 5シリーズでエンジン不調の点検整備をします。

お客様から、エンジンチェックの点灯とエンジンから振動があるとのことです。

 

早速見ていきましょう!

 

テスター診断をしたところ、ミスファイアの故障コードが入っていました。

エンジンルームを点検していきます!

点検をした結果、3番のイグニッションコイルが故障していました!

取り外したイグニッションコイルとスパークプラグになります。

1つだけ交換してもいいのですが、イタチごっこになる可能性があるのでお客様にご連絡して、全部のスパークプラグとイグニッションコイルを交換します。

Bosch製のイグニッションコイルとスパークプラグになります!

アフターパーツですが、純正でも使われているので安心感があります!

スパークプラグになります。

定期的に交換することで、イグニッションコイルの寿命を延ばしてくれます!

 

作業が完了したので、エンジンを始動します!

振動もなくなり、エンジンもスムーズに吹け上がってくれるようになりました!

最終チェックと故障コードをリセットして作業完了です!