ポルシェ 996 足廻り 異音 点検 整備

2020/06/18 ブログ

本日もお疲れ様です!groom西山です。

今日の長野は、曇りで夕方から雨が降りました。

 

今回は、ポルシェ996で足廻りから異音の点検整備をします。

お客様から、少し走ってからコトコトと音が出るそうです!

 

早速点検していきましょう!

 

試運転をすると、しばらくしてフロントからコトコトと音が出てきました!

リフトアップをして各所ガタ等がないか点検していきます。

足廻りにガタはありませんでした。

さらに点検していくと、左のラックエンドが右に比べて動きが悪いです!

中のグリースの油膜が切れてしまっているようです。

ジョイントの角度によってガタが出ていると思われます。

お客様にご連絡をして、状況を説明したところ左右のラックエンドとタイロッドエンドを交換することになりました!

取り外したラックエンドは、グリースがカサカサになっていて油膜切れしていました!

新品のラックエンドはしっかりグリースが注入されています。

 

左右の交換作業が完了したので試運転をします。

異音も出なくなりました!

異音もなくなったので、トータルアライメント調整をします。

トータルアライメント調整が完了しました!

アライメント調整したことで、本来のポテンシャルに近づいたと思います!

 

最終チェックをして作業完了です!