ローバー MINI クラッチ 切れない 点検 整備

2021/01/15 ブログ

本日もお疲れ様です!groom西山です。

今日の長野は、1日晴れでした。

 

今回は、ローバーMINIでクラッチが切れないの点検整備をします!

クラッチペダルを踏むと、スカスカでクラッチを切っている感覚が全然ありません!

クラッチラインを点検していきます。

点検していくと、クラッチのレリーズシリンダーからフルードが漏れていました!

漏れてそこからエアーが入り、クラッチがスカスカになってしまったようです。

新品のレリーズシリンダーになります。

レリーズシリンダーも種類があるので、検品してから取付けていきます!

取付けが完了しました!

新しいクラッチフルードを入れて、エアー抜き作業をします。

作業が終わったら、再度クラッチペダルを踏んで確認をします。

ペダルにクラッチを切っている感覚が戻りました!

試運転をして問題がないか確認をして、最後に漏れなどの最終チェックをして作業完了です!